学生

通信制高校で自由な生活を|働きながらでも通える

中学生に適した学習方法

講師と生徒

中学生が練馬区内で学習塾を探すときには、受験情報を提供してくれることや、勉強のノウハウを教えてくれることを重視するべきです。目的に合わせて適した指導形態の教室を選ぶべきであり、繰り返し学ぶことが成績アップのためには必要です。

教師の選び方

笑顔の生徒

三重県では、家庭教師を利用する家庭が多くあります。家庭教師を選択するにはポイントが有り、子供との相性を一番に考えるということが重要です。学習サービスを選ぶ際は、街の評判などだけではなく、塾に通うことや週に何度指導をしてもらうのかということなどの面も考えましょう。

高校進学の第三の方法

文房具

自宅学習で卒業できる

今、高校へ進学する道は3つあります。一般的には全日制高校へ通います。昼間働いている人は夜間の定時制高校を選びます。最近は第三の選択肢として通信制高校があるのです。この高校の特徴は学校へ通わずに自宅で勉強するという点です。年に何回かのスクーリングはありますが、基本的には自宅学習です。なぜ通信制高校ができたかというと、色々な理由で登校拒否になったり、高校を中退した人への救済処置として考え出されたのです。また若い頃に事情があって高校進学できなかった人や、病気療養で進学できなかった人も入学できるようになっています。通信制高校には公立と私立があって、公立の場合は3年間で10万円程度の費用しかかからないのも特徴です。そのため金銭的な理由で進学できなかった人にも利用されています。

難関大受験に有利な選択

最近は登校拒否でもなく、金銭的に不自由しているわけでもないのに自ら通信制高校へ進学する生徒が増えています。主に難関大学を目指している生徒に多いのです。なぜかというと、自分のペースで勉強できるからです。そのような生徒は、大学受験に必要な科目だけを選んで勉強するのです。全日制高校では体育や美術や音楽といった、受験には関係のない授業も受けなくてはならないのです。しかし難関大学を目指す生徒にとって、そのような授業は無駄なのです。しかもそのような生徒は、数学にしろ国語にしろ学校の授業よりも先に進んで勉強しているので、あえて全日制を選ぶ理由がないのです。このように本来の設置目的とは違う利用法が、今後も増えていくはずです。教育行政の方もそれに伴って何らかの改革の必要に迫られるのです。

将来のために考えて

勉強

通信制高校はいろいろなタイプの人が通うことができるようになっています。千葉ではたくさんの通信制高校もあり、見学などもできますので、そうしたところを利用して卒業をするというようなことを考えてみると良いでしょう。